愛知県斎場.compowered by いい葬儀

0120-961-513

0120-205-530

通話無料24時間365日受付

  • 古瀬間聖苑

    豊田市古瀬間聖苑

  • 尾張北部聖苑

    犬山市尾張北部聖苑

  • 尾張東部聖苑

    小牧市尾張東部聖苑

  • 半田斎場

    半田市半田斎場

  • 青山斎園

    刈谷市青山斎園

  • 安城市総合斎苑

    安城市安城市総合斎苑

  • 名古屋市立 八事斎場

    名古屋市天白区名古屋市立 八事斎場

葬儀をお急ぎの方

0120-205-530

通話無料・24時間365日いつでも受付

電話でのご相談の流れ

愛知県のおすすめ斎場・葬儀場一覧

625件中101~120件表示

625件中101~120件表示

愛知県の葬儀情報

出棺の際にわらを焼く?愛知県の葬儀の風習

愛知県の葬儀の風習で特に特徴的なのが、南知多町周辺における、葬儀の風習です。この地方では、自宅に故人の遺体を安置し、お坊さんが読経するまでは故人が生きているように扱う、というものです。そして同じ地方では、自宅からの出棺の際に、故人がこの世に戻ってこないようにという意味を込めて、藁を燃やす風習もあります。
その他、尾張地方には、近親者たちが精進料理を食べる際に、「涙汁」と呼ばれる胡椒や唐辛子を素材にしたとても辛い汁が出されます。これは「辛さによって、葬式の疲れを取る」などの意味が込められているようです。

お金と別にお菓子も贈る?愛知県の香典の風習

愛知県では通夜の際、遺族たちに配られる香典とは別に、お菓子、お酒、缶詰などをわたすことがあります。これは「お淋し見舞い」という、愛知県の葬儀における独自の風習です。これは遺族が通夜を終えた後に、故人が淋しい思いをしないように、それらの見舞いの品を食べながら故人の思い出を語りあかせるようにするためとされています。持ちよったお淋し見舞いを近親者や関係者の全員でいただく、という独自のしきたりを持った地域も県内にはあります。なお、香典とは別にお淋し見舞いを送ってくれた人には、遺族は香典返しの際に少し多めに返すのが礼儀がよいとされています。

「愛知県斎場.com」姉妹サイト